任意整理はどうすればできるの?

任意整理をすれば借金が減ることも?

借金をしすぎてもし返済がどうしても出来なくなった場合はどうしますか?払いきれないのですから、当然債務整理をしなければいけないのですが、債務整理には何種類かあります。自己破産や個人再生、特定調停に任意整理とあります。
今回は任意整理について紹介していきましょう。
任意整理と言うのは弁護士や司法書士に依頼し借金の返済方法等を借入している金融機関と交渉して貰います。
この交渉の際に将来的に支払わなくてはいけない金利等をカットし、借金の総額を減額してから分割で支払って行く方法になります。
しかも月々の返済金額も減額して支払う事が多くなります。
自己破産をすると現在持っている財産等は全て処分しなければいけません。
しかし任意整理の場合には預金などの資産があっても可能だそうです。
しかしこの任意整理の交渉によって決められた返済方法は必ず守っていく必要があります。
当然の事ながら返済金額を減額し借金を返済していくのですからこれは守らなければいけません。
万が一この返済計画を守らなかった場合は一括返済を求められる場合もあるでしょう。
尚、任意整理の場合は自己破産等に比べ提出する書類が少なく手軽に出来る債務整理と言われているそうです。