信用情報機関ってなんですか?

信用情報機関とは第三者機関のこと!

信用情報機関とはカードを新規で作る際に過去にご利用のカードのご利用状況や「自己破産」「滞納金」があるかなど
詳細を確認できるいわゆるブラックリストのことです。
代表的な信用情報機関はJBA(全国銀行個人信用情報センター)、CIC((株)シー・アイ・シー)、
CCB((株)シーシービー)、全国信用情報センター連合会があります。
これらは銀行系、流通系などのそれぞれの業種によって加盟している機関が分かれております。

 

クレジットカードの申し込みがきたときにカード会社側は申し込み書に記入された現在の状況だけでは申込者の返済能力が足りているかどうか判断することはできませんので、そこで必要になってくるのが信用情報機関のデータ―であり顧客情報・債務情報を確認する流れになります。
こちらには申込者の氏名、生年月日、連絡先(住所・電話番号)、勤務先のほか、過去の履歴や返済履歴といった債務情報、そして滞納金の有無など事故情報について登録されております。
他社のクレジットカードを持っていてもしっかりと返済をしていたり、収入に見合った安全な額の借り入れを行っていれば新たにクレジットカードを作ることが出来ますが何度も返済を送らせていたり滞納金があればもちろん新しいカードの作成については見送りになります。

 

このようなことからカード会社側はしっかりと信用情報機関から過去のご利用状況を確認することで返済能力に欠ける方へのカードの新規作成を避けることもできますし、申込者側も返済能力が足りているかどうかご自分で判りかねないとしても、信用情報機関にてしっかりと確認されたうえでの作成に入りますので万が一過去に事故がある場合はカードを作ることは見送りになります。
そのため不可能な借金を作ることを未然に作ることを避けますし安全であるといえるでしょう。